ニュース・勉強会
どのページも「最新の情報に更新」ボタンをクリックしてからご覧ください
                                                              更新 2018.08.04

ニュース・勉強会

↓ クリック
ニュース
勉 強 会

                   ニュース


★★ 平成30年度創造美術会定時総会開催のお知らせ

定時総会を下記のとうり開催いたします 大勢の方のご出席をお願いいたします

* 日時  平成30年9月7日(金)14:00〜16:30 
* 会場  上野 東京都美術館 講堂

* 委任状 提出期限 8月末日必着
   出席できない方は委任状の提出をお願いいたします 
   予定が立たない方も取り敢えず同様にお願いいたします 

* 懇親会 17:00〜  会費 1,000円
   於 西郷会館内B1 銀座ライオン上野西郷会館店
 
   「出欠」は委任状に明記してください   


事務局
2019−08−04/

★★ 平成30年 第71回創造展各賞受賞者・推挙者発表

次の方々が受賞されました 今までのご精進のたまものです おめでとうございます

賞 名 氏 名 作品題名
創造美術大賞 丹羽 明夫 陶芸部 会員
内閣総理大臣賞 田ア 観洲 菊池の滝 日本画部 会員
文部科学大臣賞 山内 唐仙 しののめ 陶芸部 会員
東京都知事賞 柏木 健二 スクラップ17 洋画部 会員
損保ジャパン日本興亜美術財団賞 堀 恵子 命(水母) 洋画部 会員
下田賞 鈴木 島根 時は流れて 洋画部 会員
北華賞 河内 範子 向日葵の図 陶芸部 準会員
         
最優秀新人賞 稲田  有美子 思い出を夏の砂浜に変えて 洋画部 一般
小品部門大賞 寺 節郎 早雪の葦の潟 小品部 一般
会員賞 柏山 悦子 ハイヒール(何処へ) 洋画部 会員
会員賞 千田 モモ 馬-22 洋画部 会員
会員賞 中台 直樹 早春 洋画部 会員
会員賞 廣谷 譲 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ 洋画部 会員
会員賞 宮下 紀男 清流 洋画部 会員
会員賞 鳥木 順子 蒼い季節 日本画部 会員
会員賞 盛岡 教 牡丹花黒龍錦 日本画部 会員
会員賞 小櫃 利孝 狛犬×2 彫刻部 会員
会員賞 新田 智子 夢模様 陶芸部 会員
会員賞 吉田 稔 氷壁 陶芸部 会員
        
準会員賞 松下 任久 下栗の里・雪 洋画部 準会員
準会員賞 眞知子 潮彩(瀬戸の浜) 洋画部 準会員
準会員賞 浦部 一美 春の息吹 日本画部 準会員
準会員賞 猪股 廣臣 飛翔 陶芸部 準会員
会友賞 江尻 泰功 白流 洋画部 会友
会友賞 菅 誠 朝もや 洋画部 会友
会友賞 宍戸 清信 三百六十五日諸事有縁 染織画部 会友
会友賞 比嘉 裕之 氷列釉壷 陶芸部 会友
会友賞 横山 令子 白釉銅釉 流掛大皿 陶芸部 会友
新人賞 鈴木 道夫 斜陽 洋画部 一般
新人賞 川上 みつ 届かぬ先の 日本画部 一般
新人賞 城井 廣邦 呉女 彫刻部 一般
新人賞 田中 尚 蒼春 陶芸部 一般
新人賞 吉田 陽助 ≪さそいこむ≫ 陶芸部 一般
新人賞 出口 瑞花 雨滴 陶芸部 一般
小品部門奨励賞 宍戸 清信 一番のしあわせ 小品部 会友
小品部門奨励賞 白馬 有利子 皆既月食の夜に 小品部 一般
小品部門奨励賞 中田 薫 シクラメン 小品部 一般
小品部門奨励賞 塚越 郁子 春は曙 小品部 一般
小品部門奨励賞 井上 豊子 終り〜始まり〜 小品部 一般
       
ターレンス賞 宇田川豊子 遊歩 洋画部 準会員
ホルベイン画材賞 杉岡 武久 ベネチア 洋画部 会友
ホルベイン工業賞 小嶋 良三 祈る 洋画部 会員
マイメリ賞 渡邊 真弥 その先に, 洋画部 会友
マツダ賞 山崎 肇 散歩 洋画部 会員
マルオカ賞 西内 翠 抱く 洋画部 準会員
ミューズ賞 山ア 勝哉 船溜まり 洋画部 会友
メティエ賞 有森 誠子 秋流 洋画部 会友
世界堂賞 今 光芳 ちょっといっぷく 洋画部 準会員
大額賞 M津 享助 アラゴンの赤い村 洋画部 会友
東美賞 佐々木 まさ子 青い布のある静物 洋画部 会員
NB賞 津田 久吉 湿原に集う 日本画部 会員
NB賞 堀下 登美代 悠久 日本画部 会員
いしど画材賞 中村 洋 誘香 日本画部 一般
マルオカ賞 櫻井啓一郎 野猿 日本画部 会友
メティエ賞 福山 瑛也 森の小径 日本画部 一般
双葉賞 白鳥 操 秋麗 日本画部 会員
双葉賞 一色 信彦 秋日 日本画部 会友
双葉賞 安田 晃夫 桟橋 日本画部 一般
誠和賞 佐藤 のり子 染織画部 準会員
誠和賞 白樫 佳子 お父さんとお母さんとお兄ちゃんと私 染織画部 準会員
ハートヨシダ賞 大塚徳太郎 阿修羅 彫刻部 会員
ハートヨシダ賞 奈良 允博 凛然 彫刻部 会友
マウンドストーン賞 守谷 政義 増女 彫刻部 一般
マウンドストーン賞 永松 素子 聖観音菩薩 彫刻部 一般
FMハロー賞 大城 千秋 宙へ 陶芸部 会員
オキラジ賞 大兼政 道子 色絵大皿「遊」 陶芸部 会員
シンリュウ賞 小川 晶子 松風 村雨 陶芸部 会員
シンリュウ賞 山本 明孝 月明り 陶芸部 会員
シンリュウ賞 稲田元一 伊賀ビードロ釉鉢 陶芸部 準会員
シンリュウ賞 山口 章子 山の桜 陶芸部 会友
シンリュウ賞 谷本 美保子 スケーターズワルツ 陶芸部 一般
薫風賞 烏谷 ひかる 遊魚 陶芸部 一般
兼六賞 新垣 安隆 うりずん 陶芸部 会員
美ら海賞 宮田 裕子 釉裏銀彩面取壺 陶芸部 一般


次の方々が新たなランクに 「推挙」 されました おめでとうございます

新ランク 氏名
会員 洋画部 宇田川豊子
会員 洋画部 小川 正剛
会員 洋画部 北 重雄
会員 洋画部 権蛇 高司
会員 洋画部 下 美智子
会員 洋画部 諏訪 六夫
会員 洋画部 田島 正彦
会員 洋画部 眞知子
会員 洋画部 松下 任久
会員 日本画部 浦部 一美
会員 陶芸部 河内 範子
会員 陶芸部 木戸 優紀子
     
準会員 洋画部 荒木 淑子
準会員 洋画部 市村 幸雄
準会員 洋画部 江尻 泰功
準会員 洋画部 大野 彬
準会員 洋画部 杉岡 武久
準会員 洋画部 中山 洋子
準会員 洋画部 花待 昭文
準会員 洋画部 羽野 昌子
準会員 洋画部 山ア 勝哉
準会員 日本画部 今井 惠子
準会員 日本画部 多田 葉子
準会員 染織画部 宍戸 清信
準会員 染織画部 藤田 ゆう子
準会員 彫刻部 磯島 義洋
準会員 彫刻部 奈良 允博
準会員 陶芸部 小川 枝
準会員 陶芸部 田中 通子
準会員 陶芸部 比嘉 裕之
     
会友 洋画部 阿波 渚
会友 洋画部 稲田  有美子
会友 洋画部 シムズ マヤ
会友 洋画部 白石 とき子
会友 洋画部 高木 行子
会友 洋画部 野 孝男
会友 洋画部 竹内 弘子
会友 洋画部 中島 露子
会友 洋画部 中村 ヒサ子
会友 洋画部 淵岡 一男
会友 洋画部 松森 宏紀
会友 洋画部 柳沢 豐子
会友 洋画部 中野 直樹
会友 日本画部 池田 百合子
会友 日本画部 平 和美
会友 日本画部 滝 恵美子
会友 日本画部 高松 智美
会友 染織画部 村尾 静江
会友 彫刻部 永松 素子
会友 陶芸部 下田 伸子
会友 陶芸部 出口 瑞花
会友 陶芸部 今井 衣子
会友 陶芸部 烏谷 ひかる
会友 陶芸部 宮田 裕子


2018−05−14/
事務局


第71回記念創造展一般出品、小品部門入選者

次の方々が 「一般出品」入選いたしました おめでとうございます

氏名 初出品 作品題名 都道府県
洋画部 一般 阿波 渚 「二人」 三重県
洋画部 一般 稲田  有美子 思い出を夏の砂浜に変えて 三重県
洋画部 一般 岩井 謙詞 雲出づる森 千葉県
洋画部 一般 植松 徹 町内の守護神に初詣で 静岡県
洋画部 一般 大橋 健作 華火・レインボーブリッジ 三重県
洋画部 一般 加納 明 狛犬三強 千葉県
洋画部 一般 北口 倫子 銀杏の木の下で 三重県
洋画部 一般 蔵元 あかり 蘇生 千葉県
洋画部 一般 坂井 美佐子 鼓動 埼玉県
洋画部 一般 坂口 明子 森に幸あれ 三重県
洋画部 一般 シムズ マヤ 愛犬との旅 千葉県
洋画部 一般 白石 とき子 立山群青 福島県
洋画部 一般 鈴木 道夫 斜陽 静岡県
洋画部 一般 高木 行子 春を待つ 石川県
洋画部 一般 野 孝男 東京都
洋画部 一般 竹内 弘子 晩秋 岐阜県
洋画部 一般 段木 一行 潮騒 千葉県
洋画部 一般 徳谷 博 高千穂峡 東京都
洋画部 一般 中島 露子 仁王像 三重県
洋画部 一般 中野 直樹 「顔 No,3」 東京都
洋画部 一般 中村 ヒサ子 久慈の清流 福島県
洋画部 一般 西井 昭子 外衣に横臥する人 石川県
洋画部 一般 平春 晃男 遥かなる山へ 三重県
洋画部 一般 淵岡 一男 サントリーニ島の一景 石川県
洋画部 一般 松森 宏紀 奥入Pの秋 神奈川県
洋画部 一般 柳沢 豐子 ペルソナ 千葉県
洋画部 一般 山下 一夫 水 土 里 石川県
日本画部 一般 池田 百合子 青磁と秋明菊 神奈川県
日本画部 一般 石田 安嬉子 夏の窓辺 神奈川県
日本画部 一般 乾 征子 秋光 三重県
日本画部 一般 大畑 ひとみ 東京都
日本画部 一般 奥田 正治 根開き 三重県
日本画部 一般 川上 みつ 届かぬ先の 石川県
日本画部 一般 菊森 仁子 よそおう 三重県
日本画部 一般 後藤 のぶ 涼秋 三重県
日本画部 一般 鈴木 和子 半分。青い。 愛知県
日本画部 一般 平 和美 珍寿 石川県
日本画部 一般 高松 智美 パンダ 東京都
日本画部 一般 滝 恵美子 悠悠 石川県
日本画部 一般 中村 洋 誘香 三重県
日本画部 一般 林 明弘 初秋の尾瀬 東京都
日本画部 一般 福永 禎子 コレクションU 三重県
日本画部 一般 福山 瑛也 森の小径 長崎県
日本画部 一般 森岡 祥光 朝光 大阪府
日本画部 一般 安田 晃夫 桟橋 三重県
日本画部 一般 山川 めぐみ みーつけた 三重県
染織画部 一般 村尾 静江 ある風景 茨城県
彫刻部 一般 城井 廣邦 呉女 神奈川県
彫刻部 一般 永松 素子 聖観音菩薩 東京都
彫刻部 一般 永松 素子 童子不動 東京都
彫刻部 一般 守谷 政義 増女 東京都
陶芸部 一般 飯岡 保子 奥久慈大子大壺 茨城県
陶芸部 一般 石崎 幸治 筒形彩陶 東京都
陶芸部 一般 石崎 幸治 筒形自然釉陶 東京都
陶芸部 一般 伊東 昌子 うねり 千葉県
陶芸部 一般 今井 衣子 一徹 長野県
陶芸部 一般 内山 みか 雲のかたち 千葉県
陶芸部 一般 宇山 悟 大鉢 線彫り紋様・他 千葉県
陶芸部 一般 金谷 勇次 五面楼 大阪府
陶芸部 一般 烏谷 ひかる 遊魚 愛媛県
陶芸部 一般 河邉 豊彦 破れ花舞烈 神奈川県
陶芸部 一般 汲田 光子 梅花 神奈川県
陶芸部 一般 坂井 孝子 赤絵曼殊沙華飾皿 石川県
陶芸部 一般 篠田 恭子 太古の光景 千葉県
陶芸部 一般 下田 伸子 芽ぐむ 東京都
陶芸部 一般 鈴木 美穂 花灯 神奈川県
陶芸部 一般 田中 尚 蒼春 千葉県
陶芸部 一般 谷本 美保子 スケーターズワルツ 大阪府
陶芸部 一般 玉城 まり 鳳凰図大壺 静岡県
陶芸部 一般 千葉 康悦 藁白釉流し壺 沖縄県
陶芸部 一般 出口 瑞花 雨滴 石川県
陶芸部 一般 寺澤 澄江 大壷・春を待つ 長野県
陶芸部 一般 星 しん 懐抱 茨城県
陶芸部 一般 宮田 裕子 釉裏銀彩面取壺 神奈川県
陶芸部 一般 山来 千穂子 癒しを奏でる 東京都
陶芸部 一般 吉田 陽助 ≪さそいこむ≫ 新潟県


次の方々が 「小品部門」入選いたしました おめでとうございます

氏名 初出品 作品題名 都道府県
小品部 ありい かよ 洞窟 千葉県
小品部 有野 由栞 河原 千葉県
小品部 市野 義治 夕映えの海 千葉県
小品部 一柳 富惠 ひまわり 神奈川県
小品部 井上 豊子 終り〜始まり〜 大阪府
小品部 井上 三枝子 気配 広島県
小品部 大河原 小春 灯台 千葉県
小品部 岡林 慶一 大沼から駒ヶ岳を望む 東京都
小品部 加藤木 勲 雌阿寒岳とオンネトー 千葉県
小品部 加納 明 鎮守の狛犬 千葉県
小品部 木下 知優 冬の山 千葉県
小品部 木村 サダエ 待ちわびた春 千葉県
小品部 木村 弘美 水芭蕉(美しい思い出) 東京都
小品部 栗原 孝典 黄卵 福岡県
小品部 佐羽尾 幸宜 庭の片隅で 愛知県
小品部 宍戸 清信 一番のしあわせ 神奈川県
小品部 嶋根 菊枝 秋映 千葉県
小品部 清水 幸夫 よこはまみなとみらい観覧車 神奈川県
小品部 白井 外重 ウミホタルと星の競演 石川県
小品部 孫 慶洪 まつり 東京都
小品部 戸 章 お食い初め 東京都
小品部 高橋 博子 山のめぐみ 埼玉県
小品部 山 雄一 都会の光跡 千葉県
小品部 田中 美江 躍動の後で 三重県
小品部 田名部 仁美 初雪 千葉県
小品部 寺 節郎 早雪の葦の潟 石川県
小品部 千葉 保子 春のシンフォニー 神奈川県
小品部 塚越 郁子 春は曙 千葉県
小品部 角田 信彦 君が涙の時には 東京都
小品部 徳満 稔 仲良し 愛知県
小品部 徳谷 博 静物 東京都
小品部 富田 道子 椿 埼玉県
小品部 中嶋 正裕 春 心動く 神奈川県
小品部 中田 薫 シクラメン 神奈川県
小品部 西生 春輝 埋れた時間 滋賀県
小品部 新田 美枝子 提灯のある風景 石川県
小品部 二戸 マキ 清流 千葉県
小品部 根本 路子 いっしょにおどらんね 千葉県
小品部 白馬 有利子 皆既月食の夜に 東京都
小品部 平石 有康 寄り添う 埼玉県
小品部 平嶋 浩一 ワイド・トゥ・デルタ・ループ 神奈川県
小品部 古川 理紗 晴れた日 東京都
小品部 古田 美代子 玖珠の秋 福岡県
小品部 松本 邦秀 Best Friends 4 長野県
小品部 三井田 世都子 桜花爛漫 千葉県
小品部 矢ア 啓子 ステンド.グラス 埼玉県
小品部 山下 喜久子 八甲田山 神奈川県
小品部 横田 米子 熊野神社 東京都
小品部 吉田 由美子 春風にひらく 茨城県

2018ー05ー14/05-18
事務局


★★ 出品規定、招待状の発送

 出品作品作成にお忙しいことと存じます
 さて、1月10日に第71回創造展の「出品規定」、「案内状」、「リーフレット」、「ポスター」をお送り
 いたしました

 更に必要な場合はFAX又はメールで事務局へお申し込みください
 部展、支部展で活用して頂ければ幸いです

 また年会費未納の方へは「送金のお願い」を同封いたしました
 よろしくお願い申し上げます


事務局
2018−01−10/

★★ 創造美術会代表 「新年を迎えての抱負」

 **************************************

 新しい年を皆様は健やかにお迎えになられたでしょうか。
 創造美術会は昨年、創立70年となりました 70年の長きに渡り
 脈々と諸先輩方から引き継がれ 創造美術会の歴史が生まれています。

 今、世の中は「終活」と言う言葉が流行っています。 人生最後に向かい
 身の回りを片付けていくと言う事です。 が、創造美術会に於いて「終活」とは、
 とんでもない事で、 私は「継活」を進めたいと思います。

 次の世代の方、今まで余り会の運営に携わって来なかった方々に仕事を継いで
 頂けるようにする事を「継活」と呼びたいと思います。

 しかし残念ながら当会の出品者は減り、構成員も高齢化などにより退会者が  
 多くなっています。 その為にも新しい方々が一人でも多く出品して下さる
 ようにお誘いする事が大切かと思います。

 私が事務局をしていた時に一般出品者に「創造展に出品した理由」のアンケートを
 した事があります。 いくつかの項目から選んでもらう形態でしたが、
 その中で一番多かったのが「指導者、知人からの紹介」でした。
 沢山ある公募展に出品する場合、やはり誰か知っている人に背中を押して
 もらう事が大切と言う事が分かりました。

 どうぞ皆様、ご自分の近くに出品に興味をお持ちの方がいらしたら声を掛け、
 背中を押してあげて下さい。 お願い致します。

 これからの創造美術会の発展と皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
                                     
                    平成30年元旦

                    創造美術会代表 有井はるみ

      

★★ 運営委員会日程のお知らせ

下記の日程で運営委員会を開催いたします  資料等については後日改めてお送りいたします
 
 日時: 平成30年2月14日(水) 14:00 〜
 会場: 東京都美術館 スタジオ     
   
 欠席の場合は事務局 近藤までGMAILまたはFAXでご連絡ください

事務局
2017−11−08/
★★ 総会議事録、会員名簿、年会費振込票などの発送

総会が無事終了し新たな年度の活動が本格的に始まりました それをふまえ下記の書類等をお送りします
どうぞご査収ください。

* 平成29年度総会議事録 
* 平成30年度会員名簿 
* 平成30年度年会費・部費振込用紙 
 新たに構成員になられた方々へは「創造美術会会則」、「構成員証」が送られます
  
 年会費、部費は各部会計へ振込用紙でご送金ください 締め切りは11月30日です
 近年送金遅延者の数が劇的に減り感謝しております

事務局
2017−10−07/

★★ 平成29年度創造美術会定時総会報告

定時総会は予定通り開催されました 真摯な報告、熱心な審議がなされました
主な議題等は次のとうりです 
詳細は「総会議事録」が構成員には送られます

* 平成29年度事業報告、会計報告、各支部活動報告 
* 平成30年度事業計画、予算審議 
* 次期役員の審議 

   新役員の顔触れはこのホームページの「役員・支部長」ページをご覧ください
                         
2017−09−15/
事務局